So-net無料ブログ作成

郵貯とネットワーク [日進月歩?秒進分歩?]

医者に行った時母に「これ、記帳してみてきて」と渡されたのが、郵貯銀行の通帳2冊。
1つは私名義で、もう一つが母の物だ。

以前から「通帳だけで引き出しが出来るよ」と聞いていたが、実行せず記帳だけして返していたと言う感じだ。
が、その日は「ほんまに通帳だけで・・・?」と思い、少し引き出してみようと思って、通帳を入れて暗証番号(私の生年月日)を入力した・・・が~機械が「この番号は解りやすいので、暗証番号の変更をお進めします」と言われた。
新規の暗証番号に変更することになった・・・が!!その時「暗証番号の手続きが終了するまで通帳はお返しできません」と優しくもあり、ちょっと厳しい指示を受けた。
その時思ったのは、元データのコンピュータとリンクして生年月日が暗証番号の人には注意を促していると思った。
『日々するんでるんやなぁ~』と感心する事しきりだ。
まぁ通帳に、暗証番号となる生年月日は書かれていないので、元データと繋がってると感じだ次第だ。

とりま生年月日は暗証番号には相応しくないようだ。変更したのは~まぁここまでにしておきましょうか?



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0